<質問>祝福二世と一世との婚約と祝福結婚にする質問です。祝福二世と一世との祝福結婚は、いつから許されるようになったのでしょうか? 祝福二世と一世とのマッチングは、の父母によるマッチングだけが、許されているのでしょうか? それとも、祝福二世の父母による祝福二世の息子娘と一世とのマッチングも、許されるようになったのでしょうか?

 

<答え>20097月現在、まだの父母だけが、祝福二世と一世とをマッチングする威をもっておられます。祝福二世の父母には、祝福を受けた父母であっても、まだそのような威は、えられていません。

以前の『統一倫理学講座・第2巻』には、「肉の父母にも、祝福二世と一世とをマッチングする権威が与えられるようになった」と、真のお父様が発表されたという内容を紹介しました。確かに日本の教会の総責任者を通して、清平修錬苑の公的な集会で、一度はそのように、口頭で発表されました。しかし、口頭発表の内容は、真の父母様が話された内容を正確に紹介してはいなかったということで、後で公文を通して訂正になりました。

正確には、の父母が、祝福二世と一世とをマッチングして祝福することができる新しい時代が到しました。しかし、そのようなマッチングをする威を持っているのは、の父母だけで、祝福二世の肉の父母に授けられているのは、依然として祝福二世同士の子女をマッチングする威だけです。

ですから、私の著書でも、『統一倫理学講座・第2巻』の改訂版第四刷からは、訂正して、「いわゆる『信仰二世』夫婦も、蕩減復帰摂理的には、祝福一世にする。しかし、のお父が、信仰二世(いわゆる『ヤコブの子女』)も、の父母が祝福二世と約婚させて、祝福をえることができるという、新しい指示を出されたと、と書き改められています。

真の父母様による祝福二世と一世とのマッチングは、既に2004年の春から始まっています。一番最初の例は、日本人信仰二世の河田裕昭氏と韓国人祝福二世の李和真さんのマッチングでした。ですから、2004年の夏の祝福結婚式からは、祝福二世と一世とが結ばれた夫婦も含まれるようになりました。




coded by nessus