<質問*>純潔の重要性にする質問です。未婚の少年が純潔を失うことは、「愛と性と健康」に重大な支障をもたらすことになると聞きました。純潔喪失者が結婚後にまされることになるという、「性体のフラッシュバック現象」について、もう少し詳しく明して下さい。

<答え>純潔を失った場合に起りやすい精神的な重大な支障の例として、米国のトーマス・リコーナ(Thomas Lickona)博士が紹介している「性体験のフラッシュバック現象」を説明したいと思います。 リコーナ教授は、人格教育で有名な保守的な道徳教育学者です。この「性体験のフラッシュバック現象」の部分は、米国で健全な性教育を推進しているマッキルハニー(McIlhaney)産婦人科医学博士も、彼が書いた性教育の教科書の中で引用して、他の異性との婚前性交が結婚後の夫婦生活に精神的に深刻な害を与える例として、説明しています。

この「性体験のフラッシュバック現象」の説明が含まれているリコーナ博士の著書を、日本語の翻訳出版書を通して、読んだことがあります。しかし、残念ながら、この部分の日本語の翻訳は、完全な誤訳で、著者の真意が全く表現されていませんでした。この部分は、他の学者たちが性教育のために直接引用していることからも分かるように、純潔(自己抑制)教育に役に立つ重要な内容が含まれています。ですから、リコーナ教授の著書の該当する部分を、より正確に分かりやすく翻訳して紹介します。

 

 心理医学者であるケビンマン博士は、自分がカウンセリングした婚女性たちの一部をましている「性体場面の記憶の出現(フラッシュバック)現象」について紹介しています。女性たちが、夫と愛し合うときに、時には結婚後10年から15年後になっても、他の異性と犯した婚前性交の場面が、自分が願わないのに生しく鮮明に思い出されてまされることがあります。男性たちも、同に、そのような生しい婚前性交の場面が、自分が願わない時に、目の前に現われることになりやすいのです。

 ある若い夫は、次のように自分の体を語っています。

 「私は、生涯に出った女性たちの中で最も素晴らしい女性の一人と結婚しました。私は彼女のためであれば、どんなことでもする決意ができています。そして、妻にう前に犯した自分の性体を忘れるためであれば、どんなことでも、本にどんなことでもする決意ができています。

 私たち夫婦が性行を始める時になると、自分が係を持った過去の全ての女性たちの容姿が、私の裏を通過します。そして、自分の裏に現われるその映像が、夫婦のどのような親密化の試みをも破してしまうのです。私はそのような過去の場面が、自分の目の前に出現することに耐えられないので、妻と性行をしたいとは思わない地点に到達しています。自分の真実感を述べれば、私はこの素晴らしい女性と8年間、結婚生活をしていますが、(自分の過去の記憶が常に甦って、婚前性交を通して知った他の女性たちの姿が自分の目の前に出現するために)私一人だけが、室で彼女と二人だけで一にいたことは、一度もなかったのです。」

以前に体験した自分自身の性行為の場面は、自分の脳裏、即ち、霊人体に全て記録されています。それゆえ、結婚後に夫婦で愛の営みをなす時に、他の異性となした昔のその性行為の場面が生々しく思い出されることがあります。そのように、他の異性との性行為が生々しく思い出されると、夫婦が霊肉共に完全に一体化する上において、精神的に深刻な障害になりやすいと、リ-マン博士もリコーナ教授もマッキルハニー博士も、皆、異口同音に指摘しています。そして、配偶者以外の異性との婚前性交が結婚後の夫婦の性生活に与える深刻な悪影響の危険性に対して警告しているのです。




coded by nessus