<質問*老年男女の健康維持のためには、カルシウム錠をむのが良いのでしょうか?カルシウム錠の果と、む場合に注意することについて、アドバイスをお願いします。

<答え>老年期に多くなる骨粗鬆(そしょう)症の結果としての骨折を防ぐためには、ビタミンDが含まれているカルシウム錠を毎日飲んで、骨を強化することが良いとされています。特に更年期を過ぎた女性は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急速に減少する関係で、骨の密度が減少しますから、カルシウム錠を摂取することが強く勧められています。カルシウムは、それ自体が自律神経系統の精神安定剤であり、ストレス対策にも重要な役割をすることも知られています。また、カルシウムは、脳の中のB1のストックを安定的に保証するためにも、必須の物質とされています。

私自身は、ビタミンDが含まれているカルシウム錠を、毎日三回、朝昼晩に400mgづつ、一日の合計では1200mgのカルシウムと300IUのビタミンDを摂取しています。そして最近は、1000IUのビタミンD錠を毎日、朝晩に一錠づつ、さらに追加して飲んでいます。

カルシウム錠に関しては、一日、最大限2000mgのカルシウム錠を摂取しても、健康には害がないと、米国では発表されています。

カルシウム錠の摂取量を最近増やしたのは、米国海軍の約3700人の女性兵士訓練生たちを対象とした実験調査の結果を読んだ影響もあります。2000mgのカルシウムと800IUのビタミンDを、毎日摂取した人たちのグループは、摂取しなかった人たちのグループに比較して、骨にひびが入る負傷を負うことが、8週間の訓練期間中に27%少なかったと報告されています。

カルシウム錠を飲む時には、体内へのカルシウムの吸収を促進する働きをするビタミンDを、必ず一緒に摂取することが大切です。また、ビタミンDには、いろいろな癌細胞の成長を抑制する効果と心臓病を防止する効果があることも最近検証されています。ですから、購入時に、カルシウム錠の製品を選択する時には、ビタミンDが含まれているカルシウム錠を必ず選ぶべきです。

カルシウム錠をむときには、最低コップ1杯程度の水と一むことになっています。カルシウム錠とビタミンDには、便を固くする作用もあります。ですから、便秘気味の人は、カルシウム錠を飲むときには、特に水を充分に飲む必要があります。いつも下痢気味で便が柔らか過ぎる人は、ビタミンDの含まれているカルシウム錠を朝昼晩、毎食後飲めば、便が以前よりも固くなり、より健康になります。




coded by nessus