<質問>男性のケゲル運動にする質問です。50才以上の男性に積極的に勧められているという「男性のケゲル運動」は、具体的には、どのように運動するのですか?

<答え>男性のケ-ゲル運動(骨盤底筋運動)の仕方については、基本的には、女性のケ-ゲル運動と全く同じように、運動をすれば良いのです。ですから、男性のケ-ゲル運動の仕方については、本書第3章に紹介されている女性のケ-ゲル運動の仕方の説明を読んで下さい。ただし、運動する時間と場所については、女性に勧められている時間と場所とは、少し異なります。

女性は、毎回トイレで小用を済ます時に、排尿後、ケ-ゲル運動を洋式便器の上でも行うことが勧められています。しかし、男性は立ったまま小用を済まします。ですから、排尿後、女性のように、トイレでケ-ゲル運動をすることは、勧められてはいません。

また、夫婦の性行為の時にも、女性はケ-ゲル運動をすることが勧められています。即ち、若い女性が肛門括約筋を締める運動をすれば、連動している膣筋肉が、男性器を締め付けるので、密着感を高め、夫婦の性的快感を増大させると報告されています。それと同時に、そのような運動をすれば、女性は骨盤底筋を強化することになります。しかし、男性のケ-ゲル運動は、夫婦の性行為の前にすることは勧められていますが、性行為の最中に、男性がケ-ゲル運動をすることは、勧められてはいません。

男性は、女性にも勧められているように、毎朝、目を覚ました時、ベッドの上で横になったまま、1分程度の短い時間であっても、肩幅よりやや広めに両足を広げて軽く膝を立てて必ず運動する習慣をつけることが、一番良いと思います。しかし、男性でも女性でも、ケ-ゲル運動は、いつでも、どこでも、立ったままでも、座ったままでも、他人に気付かれないようにも、運動することができます。

参考のために紹介しますと、ケ-ゲル運動の実践方法として、赤い小さな星マークのシールを、日常の生活の中で目を合わせることが多い仕事場(事務室)や家の中に張り付けておいて、赤い小さな星マークのシールを見るたび毎に、肛門括約筋を締め付ける運動を、条件反射的に行なうことを勧めている医者もいます。

ケ-ゲル運動は、最大効果を得るためには、通算時間で毎日30分間、運動をすれば良いとされています。男性の場合は、漏尿症の症状が深刻でなければ、私の体験から言っても、毎日通算で3-5分間程度、運動するだけでも、3ヶ月間継続すれば、その効果を確実に実感することができるようになると思います。




coded by nessus