<質問>男性のケゲル運動にする質問です。男性もケゲル運動をすれば、いろいろと良い果があると聞きました。特に50才以上の男性は、ケゲル運動をすることが、く推されていると聞きました。具体的にどのような良い果があるのでしょうか?

<答え>男性も、尿道括約筋が連結している骨盤底筋を所有しています。男性も50代になると、尿道括約筋が緩んできます。ですから、50才以上の男性に対しても、尿道括約筋を強化する骨盤底筋運動であるケーゲル運動は、ラヘイエ牧師夫妻を始めとして、世界中の多くの専門家たちから、強く推奨されています。 私も60代になりましたが、数年前から2-3分間程度の僅かの時間であっても、毎日のようにケーゲル運動を実践して、いろいろな良い効果を体験しています。男性がケーゲル運動をすれば、次のような良い効果があると報告されています。

1)漏尿症を防ぎ、排尿時の尿の切れが良くなります。

ケ-ゲル運動をすれば、排尿をコントロールする筋肉である尿道括約筋を鍛えることになります。ですから、女性の場合と同様に、漏尿症を防ぐ効果があります。排尿時に尿の切れが悪く、長くポタポタと続いて中々終わらなかった排尿が、尿道括約筋(排尿筋肉)の強化によって、以前よりも比較的に早くスッキリと終わるようになります。

(男性は公衆トイレでは、急ぐのであれば、50代以上の壮年・老年の男性の後に並ばない方が良いと言われています。それは、年齢による前立腺の肥大と排尿筋肉の弱化によって、排尿の始まりから終りまで、若い男性よりも時間が余計にかかる傾向があるからです。)

2)射精時の快感絶頂感がより烈になります。

射精時に0.8秒毎に不随意的に収縮痙攣する筋肉を、平常時に0.8秒間隔のケ-ゲル運動で鍛えておけば、実際の射精時における筋肉の収縮痙攣が、より強烈になり、その回数が増加します。即ち、射精時の精液の勢いと、射出の回数が以前よりも増加し、より強く長い快感・絶頂感を妻に与えることができるようになると同時に、自分自身も、より長く強烈な絶頂感を感じるようになります。

3)性器への血行を良くするので、勃起を促進します。

愛し合おうとする時に、勃起に時間がかかる中年以上の男性は、愛し合う時に、予備運動としてケ-ゲル運動をすれば、比較的に容易に勃起するようになります。(愛し合おうとする時に、女性がケ-ゲル運動をすれば、血液が性器に集中するので、愛液がより直ぐに、より多く分泌されるようになるのと同様です。性的に興奮しやすく、よく感じる女性は、愛し合おうとする時には、条件反射的に性器がケ-ゲル運動をするようになるとも言われています。)

 4)性器()の成長を促進します。

10代・20代の若い男性が、平常時に熱心にケ-ゲル運動をすれば、血液が性器に集中し、性器への血行が良くなるので、男性の性器(陰茎)の成長(拡大?)を促進すると言われています。即ち、平常時の陰茎が少しではありますが、大きくなると言われています。ケ-ゲル運動は、男性の性器の成長を促進する唯一の運動とされています。

(しかし、15才未満の成長期である思春期初期の男性の性器や肉体の成長にとって大切なことは、頻繁に勃起することは良いけれども、マスタベ-ションなどで過度に射精しないことであるとされています。成長期である思春期初期における過度な射精は、成長に必要な蛋白質成分が体内から失われることになり、肉体の成長の妨げになります。)




coded by nessus