<質問>韓40代の男性の死亡率が、韓の同じ40代の女性の死亡率の約3倍であることが、年前から年報道されて、話題になりました。最近は、韓人の50代の男性の死亡率が、韓の同じ50代の女性の死亡率の約3倍に達することが、報道されています。なぜ韓では、そのように男女の死亡率の差が大きいのでしょうか?

<答え>私の見解では、40代・50代の韓国人の男性と女性の死亡率の大きな差異は、タバコの喫煙率の韓国人男女の差違の影響が一番大きいです。即ち、韓国人の男性の喫煙率が、女性の喫煙率の13倍以上も多いことが、大きな原因です。

世界保健機構が発表した2002年の各国成人喫煙率の統計では、韓国人成人男性の喫煙率は、65.1%ですが、韓国人成人女性の喫煙率は、わずか4.8%です。韓国人男性は、女性の13.6倍も、健康に深刻な害のある生活をしていることになります。ですから、タバコの喫煙の害の深刻性を理解すれば、40代・50代の韓国人男性の死亡率が、女性の死亡率の約3倍になっているのは、当然と言えます。

日本では、成人男性の喫煙率は、52.8%で、韓国人成人男性の喫煙率65.1%よりも低いです。それに対して、日本人成人女性の喫煙率は、13.4%で、韓国人女性の喫煙率4.8%よりもずっと高く、韓国人女性の喫煙率の3倍近くになります。ですから、日本では、男性と女性の喫煙率の差が、韓国ほど極端ではないので、日本人の40代・50代の男性と女性の死亡率の差は、韓国社会ほど極端ではないというのが、私の見解です。

日本の成人男性の喫煙率は、韓国社会よりも低いと言っても、英米などの先進国に比較すれば、約2倍も多い喫煙率です。タバコの喫煙は、健康に非常に悪い影響を与えることが、科学的に明確に検証されています。ですから、世界中のどの国でも、文章や情報を客観的に理解する能力のある高学歴者であればあるほど、タバコの喫煙率は学歴に比例して低くなっています。

真の父母様も大母様も、タバコの喫煙は自分の健康だけでなく、間接喫煙を通して、妻や子供たちなどの家族の健康にも、深刻な害を与えるので、絶対に避けないといけないと話されています。ですから、祝福家庭は、昔からのこの世の習慣で、まだタバコを継続して吸っている人がいるならば、絶対にできるだけ早く止めるべきです。




coded by nessus