<質問*>食事と記憶力との係にする質問です。年をとって忘れっぽくなってきました。記憶力を維持・増進するためには、どのような食事をすることが望ましいのでしょうか?

 <答え>記憶力は脳細胞の健康に関連していますが、脳細胞の健康は、脳細胞に酸素と養分を運搬する脳血管の健康に一番密接に関連しています。ですから、記憶力を維持するためには、脳血管の健康を維持することが、とても大切です。

脳血管は、悪玉のコレステロールであるLDLコレステロールが付着すると、血管が細くなり、血液の流れが悪くなります。脳血管の一部が詰まると、酸素を供給する血液が脳細胞に充分に届かなくなり、脳細胞が死んで、脳硬塞になります。そのように脳血管の老化は、血液中のコレステロールの量と質に、大きく関連しています。

ですから、記憶力を維持・増進するためには、脳血管の老化を防ぐような食事をすることが望ましいと言えます。健康の専門家は、悪いLDLコレステロールを多く含む動物性の赤い肉類を大幅に減らすこと、新鮮な黄緑野菜をたくさん食べること、新鮮な果物をたくさん食べること、玄米や全麦などのように穀類を丸ごと食べること、血管を強化するビタミンEを多く含むクルミやアーモンドやゴマなどの種実類をもっと食べること、血管の老化を防ぐオメガ3脂肪酸を多く含む青色の魚(鮭・鱒・サンマ・鯖・マグロ等)をもっと食べること、葉酸を多く含む食物を食べること、などを推奨しています。




coded by nessus