<質問*>乳の母親がフォミュラのミルクを授乳するときの態度にして、大母がアドバイスして下さっていると聞きました。その大母のアドバイスを紹介して下さい。

 <答え>赤ちゃんには母乳をあげるのが一番望ましいのですが、大母様は、母親がいろいろな事情で哺乳瓶でミルクをあげなければならない時でも、母親は胸を開いて、赤ちゃんが母親のお乳に触れることができるようにして、ミルクをあげるのが良いのですと、授乳時の母と子のスキンシップの重要性を次のように強調されています。

それで私が最近皆さんにずっと育をしていることが、「お母さんの胸をオプンせよ」ということです。お母さんの胸を子供に開いてあげるのです。赤ちゃんに(フォミュラの)ミルクをませる時も、お母さんの胸を完全にオプンしてください。母乳をむ子供は、習慣的に母乳をみながらお母さんのお乳をるようになっています。お母さんのお乳を探しながら胸に手が入っていきます。そうでしょう?

 しかし、哺乳でミルクをむ子供はそうではありません。ですから、皆さんが詳しく見れば分かるでしょうが、(フォミュラの)ミルクをんで育った子供と母乳をんで育った子供と思考力が違います。そして、その子供たちが思春期においても、その思春期を問題無くしっかりと越えていけるか?越えられないか?これも違います。母乳をんだ子供と母乳をめなかった子供と大きな差があります。もちろんその中に入っている成分が違う面もありますが、一番重要なことは愛を感じることができなかったのです。愛を……

 お母さんと赤ちゃんは、どのようにして過ごしたのでしょうか?どのようになっていましたか? このヘソのを通して一つになっていました。ところがヘソのを切ってからミルクをむ子供は、完全に切り離してしまうのではないですか。そうでしょう? ところが母乳をむ子供はお母さんのお腹の中から出て、ヘソのを切ってしまった後にも、どのようにしますか?お乳をみながらその手をお母さんの胸に入れて、お乳をいじりながらむのです。そして息を吸うお母さんのお腹と子供のお腹がぶつかりますか?ぶつかりませんか? ぶつかり合うのです。これがどれほど良いことか分かりません。

 ですから、哺乳でミルクをませる母親がをつけなければならないことは、子供が思春期をうまく越えて行けるようにをつけなければなりません。哺乳ませる時も、子供がミルクをみながらそのお母さんの顔を眺めてむことができるようにして、またこのように抱いて、お母さんのお腹と子供のお腹がたるようにピッタリと付くことが出るように、そしてその手がどこに? お母さんのお乳がある胸の中に。ミルクをんだ子供の中に、お母さんのお乳を一回も見ていない、一度もっていない子供がいることでしょう。お乳をってみることの出なかった子供たちが多いでしょう。それで思春期の時に、自然にしっかりと越えて行ける子供として育てることができるでしょうか?できないでしょうか? できません!(2001年3月21日)




coded by nessus