<質問>妊娠中の性行する質問です。田先生の特別講義案にある「初期完全禁欲」の意味は、どう解したら良いのでしょうか?妊娠初期の「完全禁欲」期間には、入をしないで、妻の手や口で愛撫してもらって、体外射精をしてもいけないという意味でしょうか?

<答え>私が書いた「初期完全禁欲」の意味は、妊娠したことが分かったならば、妊娠初期においては妊婦の膣内への挿入を完全に避けないといけないという意味です。妻の手や口で愛撫してもらって、妻の膣外に夫が射精をしてはいけないという意味ではありません。産婦人科の医者たちは、妊娠初期の3ヶ月(12週)あるいは4ヶ月(16週)間は、妊婦は膣内に挿入する性行為を避けるべきであると述べています。

上に紹介したように、真のお父様は、「妊娠すれば、夫婦係を完全に切るのです。自分の夫や妻を愛するよりも、赤ん坊をもっと愛するのです。それがどれほど貴いですか?むやみに生んだ赤ん坊と、聖別し精誠をくして生んだ赤ん坊と、どちらの赤ん坊がよいですか?」(1992年4月26日)と教えて下さいました。ですから、妊娠したことが分かったならば、妊娠初期の16週間以内においては、膣内挿入を含む性行為は完全に避けて、夫婦で祈祷条件や御言訓読条件などの精誠条件を立てることが望ましいと言えます。

真のお父様は、妊娠中の夫婦の性生活に関する上記の御言の中で、次のようにも教えてくださっています。(妊娠中には)愛も思いのままにできないのです。今後、1ヶ月にどれだけずつと決めて、そのプログラムによって愛さなければなりません。」(1992年4月26日) ですから、胎児が健康で正常であれば、胎盤が安定した妊娠中期においては、頻度を減らして、妊娠中の夫婦が愛し合うことは明確に許されています。しかし、胎児が健康で正常であるかどうかは、担当医に確認して、夫婦の性生活に関して許可を得ることが必要です。




coded by nessus