<質問>愛の行為の頻度と妊娠の確率についての質問です。子供がなかなかできないので、一日も早く妊娠して出産したいと思います。早く妊娠するためには、どのくらいの頻度で夫婦が愛し合うことが、一番望ましいのでしょうか?

<答え>真のお父様は、2000年9月の「第3次、入籍のための祝福家庭婦人特別修練会」において、子供を産むことができなかった祝福夫人たちに対して、子供がいなければ天国に入籍する資格がないと厳しく叱責されて、次のように語られました。

 入籍すべき女性が、赤ん坊がいなくて、四位基台を復できずに、どのようにして入籍するのですか? 入籍できますか? 言ってみてください。

 天は、四位基台を完成してこそ入ることができるようになっているのです。三代が入っていくのです。ところが、赤ん坊を生めなかった女性たちはどうするのですか?(2000年9月22日)

そして赤ん坊を必ず生むために、愛の行為の頻度に関しては、次のように「二日に一度愛し合いなさい」と、アドバイスをして下さっています。

 今度ったら、どのようなことをしてでも、赤ん坊を生みなさい。昔は一月に一度愛し合っていたのなら、一週間に二度ではなく、二日に一度愛し合いなさい。(笑い)なぜ笑うのですか? 夫婦が愛し合ったからといって、法に引っかかるのですか?

 壁も眠らずに、喜んで待っています。「今晩、主人は神が訪ねてくる愛の祝宴を何時にするのか?」と待っているのです。(2000年9月22日)

射精後の精子は、女性の体内で約三日間生存できますので、二日に一回愛し合えば、充分だと言うこともできます。参考のために紹介しますと、毎日夫婦が愛し合うと、妊娠する確率は一層高くなりますが、女の子が生まれる確率が高くなると科学的に説明されています。詳しくは、本書第3章の「男女の生み分け」に関する答えを参照してください。

しかし、妊娠するために一番大切なことは、夫婦が愛し合う頻度ではなく、女性の排卵日を察知して、排卵日を中心として愛し合うことです。排卵日を知る方法については、本書第3章の避妊に関する質問に対する答えの中で紹介していますので、参照して下さい。




coded by nessus