<質問>性行の頻度にする質問です。フランス人成人男女の性行の頻度は、1年間に137回で、世界最高水準であり、日本人成人男女の性行の頻度は、1年間に46回で、世界最下位と聞きました。なぜ両国に、そのような大きな違いがあるのでしょうか?

<答え>この質問に答えるには、「なぜフランスでは、そのようにセックスの頻度が多いのか?」という問題と、「なぜ日本では、そのようにセックスの頻度が少ないのか?」という二つの問題に答える必要があります。

最初に、「なぜフランスでは、そのようにセックスの頻度が多いのか?」という問題について、考えてみましょう。一番目の要因としては、フランス政府の出産後の女性に対する徹底した骨盤底筋回復制度を指摘したいと思います。出産した全ての女性は、産後18回の骨盤底筋回復セッションを無料で受けることができると報道されています。骨盤底筋は、膣筋肉と連動しているので、「骨盤底筋回復制度」は「膣筋肉回復制度」と言い換えることもできます。そのような骨盤底筋回復制度が、フランス人夫婦の性行為の満足度を高め、夫婦の性行為の頻度の増加に貢献していると推測します。

二番目の要因としては、安心してたくさんの子供を生むことができるフランス政府の出産を奨励する社会福祉政策を挙げたいと思います。そのような社会福祉政策のお蔭で、フランス人夫婦たちは、妊娠の可能性を心配して、可能性のある日に避妊のために夫婦関係を避けたりしなくてもよいので、夫婦はいつでも安心して愛し合うことができます。その結果、自然に夫婦の性行為の回数が多くなっていると推測します。

三番目の要因としては、男性の健康に害を与えるタバコの喫煙率が比較的に低いことを指摘したいと思います。タバコのニコチンは血管を収縮させるので、タバコを喫煙すれば、循環器官に害を与え、男性の性機能不全(ED)を引き起こす確率が非常に高くなると検証されています。フランスでは男性のタバコの喫煙率が、比較的に低いので、健康状態、即ち、性機能状態が良い男性が多いと言えるのではないかと思います。フランス人男女の人口一人当たりのタバコの喫煙量は、900本で世界で61番目と報道されています。

次には、「なぜ日本では、そのようにセックスの頻度が少ないのか?」という問題について、考えてみましょう。正直に言って、この問題に対する私の答えは、模索中です。ですから、幾つかの要因を挙げて確答は避けることにします。

専門家が指摘している一番目の要因は、日本人の男性は夫婦でセックスを多くしないで、一人で自慰行為を多くするということです。日本社会におけるインターネットによる淫乱ポルノ写真や淫乱動画や淫乱ビデオの氾濫の影響だとも言えます。二番目の要因は、挿入を含む性行為(膣性交)をしないで、手や口で男性を射精させる風俗産業が日本では合法化されて繁栄していることです。

三番目の要因は、日本人男性のタバコの喫煙率が欧米よりも二倍以上高いことです。日本人男女の人口一人当たりのタバコの喫煙量は、2000本で世界で13番目と報道されています。 タバコを喫煙すると、ニコチンの影響で比較的に若い30代や40代から性機能不全になる男性が多くなることが検証されています。

四番目の要因は、更年期の女性に対する対応の違いです。欧米では、湿潤ゼリーは、日常食料品のマーケットでも販売されており、その使用率が非常に高く、結婚している更年期夫婦の生活必需品になっています。しかし、日本の更年期の女性たちは、湿潤ゼリーは、薬局に行かなければ購入できないこともあって、その使用率が非常に低いので、愛液分泌不足による性交痛からセックスレスになる場合が多いと報告されています。

その他の要因もあると思います。私もこれからもっと研究して、日本の寝室文化革命に寄与したいと思っています。日本社会の出生率の低下問題を解決するためにも、日本社会における夫婦の性行為の頻度を向上させる必要があります。日本の若い祝福家庭の皆様は、特にたくさん仲良く愛し合い、たくさん祝福子女を生んで、神様に一層大きな喜びを捧げることができるように、努力して頂きたいと思います。




coded by nessus