<質問>私は新婚ですが、妻は入する前の前でクリトリスを愛撫してあげれば絶頂感に到達できます。しかし、入後の性行では、一度も絶頂感に到達したことがありません。どうしたら、入後に仲良く夫婦一に絶頂感に到達することができるようになるでしょうか?

<答え>挿入する前の前戯でクリトリスを愛撫してあげれば、絶頂感に到達できるのですから、挿入後においても、クリトリスを継続して刺激できる体位を選択して、夫の肉体を用いてクリトリスを意識して刺激するように、夫婦が共に努力すれば、解決できるはずです。

ですから、充分に予備運動(キスや愛撫)をしてあげ、女性が絶頂感に到達する直前、あるいは到達した直後に挿入するようにして、挿入後は、夫と妻の両者が、意識して夫の肉体を用いて継続してクリトリスを刺激するように、クリトリスを激しく擦り付けるように夫婦が協力して腰を動かすことを継続すれば、夫婦一緒に絶頂感に到達できるようになるはずです。

しかし、いわゆる「後背位」(犬や猫のような愛する体位)で女性の後から挿入して愛し合う場合には、クリトリスに対する直接的な刺激を与えようとすれば、夫(あるいは妻)の手を用いて刺激を加えることが必要になります。ですから、クリトリスに対する直接的な刺激がないと絶頂感になかなか到達できない女性の場合には、「後背位」は望ましい体位ではありません。(しかし、自分は腰を低くした「後背位」で愛し合い、布団にはべり付くようにして自分のクリトリスを布団に擦り付けるようにすれば、必ず絶頂感に到達することができるという日本人祝福夫人の証しを聞いたこともあります。)

参考のために紹介しておきますと、いわゆる「正常位」の「ピストン運動」で、女性が絶頂感に到達し易くなる腰の動かし方の秘訣、即ち、女性のクリトリスと「Gスポット」を同時に刺激する夫婦の腰の動かし方の秘訣は、夫も妻も腰を上下に動かすのではなく、前方に滑らせて木を削り磨く「西洋式の鉋(カンナ)」のように、クリトリスを擦り付けるように、即ち、夫の立場からは、自分の恥骨(の根元部分)でクリトリスを舐めるように、妻の立場からは、自分のクリトリスで夫の恥骨を舐めるように、腰を情熱的に振り動かすことであるとされています。

女性が、そのように「クリトリスを擦り付けるように、即ち、クリトリスで夫の恥骨を舐めるように腰を情熱的に振り動かすこと」を、一番容易に実践できる体位は「女性上位(騎乗位)」であると報告されています。ですから、「夫婦の性行為で初めて絶頂感を感じることができたのは、女性上位(騎乗位)の体位であった」と証言している女性も少なくありません。

それゆえ、妊娠する可能性がない日に、「女性上位(騎乗位)」で愛し合い、女性が、そのように「クリトリスを擦り付けるように、即ち、クリトリスで夫の恥骨を舐めるように腰を情熱的に振り動かすこと」を継続すれば、挿入後の性行為で女性が絶頂感に到達することと、夫婦一緒に絶頂感に到達することが、容易にできるようになると思います。

 女性上位で愛し合って、女性がクリトリスを刺激して絶頂感に容易に到達する腰の振り動かし方の秘訣を知るようになれば、男性が上になって正常位で愛し合っても、女性は下から同じように自分のクリトリスで夫の恥骨を舐めるように、腰を情熱的に振り動かせば、夫婦一緒に絶頂感に到達することが容易にできるようになるはずです。




coded by nessus