<質問>女性の性的絶頂感と病する質問です。女性が夫婦生活において、性的絶頂感を感じられないと、必ず健康に問題が生じるようになるという趣旨ののお父の御言があると聞きました。そのような御言を紹介して下さい。

<答え>女性の健康のために、性的絶頂感に到達することの重要性に関して、真のお父様が1993年の「婦人訪韓修練会」で、日本人の婦人たちに対して語って下さった御言を最初に紹介します。

 的な夫婦係においては、女と男は時間が違うのです。男より女が五倍もいのです。い人は二倍から五倍以上にもなるのです。ですから、夫婦係においても、夫婦係の味を知らないで一生涯を終えて死んでいく女がいるのです。それは、男の罪です。夫婦係が足しなかった場合には、一日中、一ヶ月、その余波がくのです。絶に女の健康のため、生理的にも絶に必要なことです。(1993年12月21日)

 次に、真のお父様の同様の趣旨の御言を、もう一つ紹介します。

 それで女性はいのです。5倍もいのです。それが5いというのが、いことではありません。立派な忍耐さのある子女が産まれるためにです。それがことでありません。早く終われば、普通の子供が生まれるのです。それで、愛する時間をおいて、男性は、女性にずっとペスを合わせてあげなければ、生理的に女性が病になるのです。必ず、故障します。それを順調に回さなければなりません。それが絶的に必要です。

 それで、女性は月ごとに生理がなければなりません。上がったり下がったりしてはいけません。それと同じです。規則的にそうなるように、夫婦係も規則的にそのペスが合わなければ、生理的な作用のために問題になってくるのです。女性たちは注意深く聞かなければなりません。そのような常識があれば、夫と相談します。夫婦生活は生命の根元、理想の根元、幸福の根元です。自由もその上にあり、幸福もその上にあるのです。(1994年3月20日)

真のお父様は「夫婦生活は生命の根元、理想の根元、幸福の根元である」と語られていますが、夫婦生活は「健康の根元」でもあります。真のお父様は、女性の健康のためには、独身生活をするのではなく、結婚して夫婦の性生活で定期的に絶頂感を感じることが「絶に必要」であると語られています。ですから、定期的な性生活を通して、夫婦が一心一体になって最高の喜びを感じることは、「絶的に必要」な「必須健康法」です。

「必須健康法」は、健康を維持するためには、「必須」であり、もし欠如すれば、病気になる要件です。女性が、夫と本当の意味で、愛し合って定期的に一心一体になることができないで、絶頂感を味わうことができなければ、女性の体は、「必ず故障」して、「病になる」と、真のお父様は語られています。

このように、性的絶頂感を定期的に感じることが女性の健康維持には必須であるという観点から見ても、夫婦が長い期間別れて生活する単身赴任生活は、女性の健康に害を与えると言えます。私は15年以上も夫が単身赴任生活を続けた結果、多くのストレスを受けて胃癌になってしまった妻に対して、定期的なスキンシップを通してストレスを解消してあげられなかったことを本当に申し訳なく思っています。

私は、真のお父様の提唱されている健康法を、「順天正午定着祝福夫婦一心一体健康法」(省略した別名:「正午定着『性』健康法」)の名称で要約して紹介しました。祝福を受けた夫婦は、神様の赤い愛のひもで二人は結ばれています。これからは、解怨され祝福を受けた私たちの先祖の絶対善霊人たちが、地上に全面的に協助するようになります。

ですから、後天開闢時代を迎えて、神様の愛を中心として祝福を受けた夫婦は、真のお父様が提唱されている真の愛と健康法を日常生活で誠実に実践すれば、これからは、より完全に一心一体になる時代、より健康になる時代、より一層幸福になる時代を迎えることを確信しています。




coded by nessus