<質問>私たち夫婦と一に、小生になった幼の息子が同じ部屋にているのですが、それでも、やはり夫婦は晩裸で一るのが良いのでしょうか?

<答え>次善の策として、下半身だけでも、下着を何も着けないで裸で一緒に寝るのが良いと思います。2004年の春から後天時代を迎えて、「夫婦は晩裸で一なさい」という真のお父様の訓示がなされています。しかし、それ以前から大母様は、21日入籍婦人修練会や40日祝福家庭婦人修練会において、祝福夫人たちに対して、繰り返し、「夜る時には、夫の愛をいつでも受けられるように、下着を何も着けないで、生殖器を完全にオプンにして、夫婦一なさい」と指導してこられました。

次にそのような第10次入籍21日婦人修練会における大母様の御言を紹介します。

 ところでそこにて遊ぶことができる人、その場所、そのすべての被造世界[女性の生殖器]にて遊ぶ人は誰ですか?皆さんの夫なのです。お父が語られたのではないですか?夫が妻の生殖器の主人だと。その被造世界[女性の生殖器]の主人は誰ですか?夫です。しかし、皆さんはその被造世界の主人は、自分自身であると考えたので、今のようにトレニングズボンをはいて、パンティをはいて、靴下をはいて床に入っていたのです。自分のものだとみんな考えたからです。これが誤りです。

 被造世界[女性の生殖器]の主人は誰ですか?夫なのです。したがってすべてのものをみんなオプンして、その自然の世界、その被造世界にておもしろしく遊んで行くことができるように作ってあげるべき人は誰でしょうか?妻です。はっきり知らなければならないのです。(2001年3月21日)

いろいろな事情で、夫婦が毎晩裸で一緒に寝ることが難しいのであれば、パンティを着用しないで布団に入ったならば、着衣を上半身に引き上げて、下半身を完全に裸にすることができるような、膝上あるいは膝下まである長いTシャツか、厶-厶-のようなワンピースのスリープウェアを、着用することが、次善の策として良いのではないかと思います。

しかし、プライバシー意識の強い日本人には、同意することが相当に難しいのですが、夫婦の裸の姿を見せたり、愛し合っている場面を子供たちに見せたら、「悪いこと」であるとは、真のお父様は、一度も語られてはいません。祝福夫婦が美しく愛し合っている場面を、子供たちに見られても、少しも恥ずかしがることはないと語られています。

幼児には、「おまえの父母は、天の祝福を受けた真の愛の夫婦として、真の父母様の訓示に従って、毎晩、堕落前のアダム・エバのように仲良く裸になって、抱き合って一緒に寝るのである」と、仲の良い姿を見せて教えるのも、後天時代の一つの教育方法かもしれません。しかし、先天時代の日本社会の常識から見ると、革命的でもあります。

参考のために紹介しておきますと、真のお父様は、「安侍日」と「毎晩裸で一緒に寝ること」を宣布された2004年4月19日の第45回「真の父母の日」に、次のようにも語られています。

 それで、初夜に舅と姑が裸でて、愛の方法をえてあげなければならないのです。分かりますか?

 猿の子供も、親が愛するのを見たでしょうか、見なかったでしょうか? 見たでしょうか、見なかったでしょうか? わたしも分かりません。聞いてみてください。(「見ました。」)

 見たでしょう。「いやあ、雄と雌があのようにすると、ああ、弟のようなものが出てきた。ああ、弟がどんどん出てくる。そうだ、弟が多いほどいいので、どんどんやれやれ。」と言うのが、不孝者ですか、孝子ですか?(2004年4月19日)




coded by nessus