<質問>以前から繰り返し語られている「夫婦は、愛し合う時には、裸で愛し合いなさい」という、のお父の御言の意義を明して下さい。

<答え>真のお父様は、後天時代が始まった2004年5月よりもずっと以前から「夫婦は、愛し合う時には、完全に裸になって愛し合いなさい」と、繰り返し教えて下さいました。

 神の前に挨拶してから、服をいで愛し合いましたか、服を着て愛し合いましたか?(「いで愛し合いました。」)それが神の最高の理想です。愛し合ってから、神までも愛したので、「これからは愛する父母として侍ります」というのです。

 それを見ることができなかったのが恨なので、その場所で父母に侍ることができる家庭の主人にならねばならないのです。それが神の解怨をすることだというのです。(1998年11月3日)

祝福を受けて、原罪が清算された夫婦は、象徴的に堕落前のアダム・エバの立場に戻ります。祝福家庭の使命の一つは、堕落前のアダム・エバの立場に立って、神様の恨を解いてさしあげることです。堕落前のアダム・エバは、裸で生活していても、恥ずかしいとは感じなかったと聖書に記録されています。神様の深い怨みは、そのような純真無垢なアダム・エバが成長した後、神様の前で夫婦として天真爛漫に裸で美しく愛し合う完成したアダム・エバの姿を、見ることができなかったということです。

私たち祝福夫婦が、神様の息子娘として、堕落前のアダム・エバのように完全に裸になって、天真爛漫に裸で美しく愛し合えば、神様の息子娘が、裸で美しく愛し合う姿を見ることができなかったという、神様の怨みを解いてさしあげることができます。ですから、夫婦が愛し合う時には、裸になって堕落前のアダムとエバの心情をもって、神様をお迎えして、神様のご覧になる前で、神様と共に愛し合うという気持で、神様の素晴らしい創造の御業に感謝を捧げながら愛し合えば、より恵みに満たされた、「合徳行為」(夫婦の性行為)をすることができます。

さらに女性の美しい乳房を観賞しながら、あるいは観賞させてあげながら、夫婦が愛し合うことができるのは、万物の霊長としての人間だけの特権特恵です。人間以外の犬や猫のような他の哺乳類の動物は、メスには人間と同様に乳房がありますが、目と目、顔と顔、胸と胸を合わせて、雄と雌が愛し合うことはできません。ですから、神様の息子娘としての人間だけに与えてくださった特権特恵を、神様に心から感謝しながら、神様の創造の素晴らしい御業を賛美しながら、祝福夫婦が裸で愛し合うことを、神様はとても喜ばれるといえます。

女性の中には、太っていて体型が悪いとか、自分の乳房が貧弱であるとか、形が悪いとか、乳首や性器の色が着色していて黒褐色であるとか、陰毛がとても毛深いとか、いろいろな理由で、自分の肉体、特に性器にコンプレックスを持っていて、夫に裸の姿を見せたがらない女性や、電灯を完全に消して暗くしないと愛し合いたがらない女性もいるようです。

しかし、どのような色や形や大きさであっても、夫が妻に対する深い愛を抱いているならば、夫の目には、美しく見えるものです。「あばたも、えくぼ!ビッコも踊り子!」という言い伝えがあるように、美醜の判断は、外形ではなく、見る人の主観的要因が大きく作用します。主体者が、深い愛の心情を持っていれば、「主観作用」の結果、主体者にとって対象者は美の価値を持つようになります。

真のお父様は、夫婦の顔に関して、「相手の顔は、うれしい持で見れば、うれしい態で現れ、愛の心をもって見る時は、美しく見えるのです。」と語られています。 この御言は、顔以外の部分にも該当します。愛する夫にとっては、愛する妻の体型や乳房や生殖器の色や形がどうであろうと、深い愛さえあれば、大変に美しく見えます。愛が深まれば、ますます美しく見えます。

男女の性器は、愛があれば「主観作用」の結果、美しく見えるだけでなく、客観的にも手や口で愛撫して賛美してあげれば、一層美しく光り輝くようになります。さらに夫婦の性器が直接触れ合えば、最高に美しく光り輝くようになります。それは、性的に興奮した結果、男性も女性も性器に血液が最高に集中して紅潮し、愛液で濡れれば、その粘膜が一層光り輝くようになるので、最高に美しく光り輝いて見えるようになるのです。

真のお父様も「一番貴い(愛と生命と血統の)三大王宮のようなその場所を光り輝かせてくれるのが、誰かと言えば、女性の王宮は、男性でなければ光り輝かせることができないし、男性の王宮は、その男性がいくら素晴らしくても、女性でなければ光り輝かせることができないのです。」(2002年1月19日) と語られています。ですから、自分の外形に心配しないで、完全に裸になって、神様の創造の素晴らしさを賛美しながら愛し合うことが、一番望ましいと言えます。

参考に付け加えますと、神様の息子娘として創造された人間は、永遠の配偶者の愛を受ければ最高に美しく光り輝くようになるのは、お互いの生殖器だけではありません。お互いの霊人体と人格もまた、永遠の相対者の愛を豊かに受ければ、生命と気力に満ち溢れて、最高に美しく光り輝くようになります。




coded by nessus