<質問>夫婦のオラルセックスと口腔癌の係にする質問です。「特別マッサジ」や「ファッション何とか」という名で、手や口で男性の性器を刺激して射精させる風俗店に、夫は祝福結婚前に出入りした経験があります。しかし、風俗業の女性との経験がフェラチオ体だけであっても、風俗業の女性とのそのような経験が多い夫の性器に、健康な妻がフェラチオをすると、女性が口腔癌になる確率が高くなると聞きましたが、本でしょうか?

<答え>残念ながら本当です。口腔癌は、子宮頸部癌と同様に、ヒューマン・パピローマ・ウィルス(HPV: Human Papilloma Virus)の感染が主な原因であると検証されています。風俗女性との経験がフェラチオだけであっても、そのような経験の多い男性がHPVに感染する可能性は、非常に高いと報告されています。複数の男性に対するフェラチオを毎日の職業とする多くの風俗女性は、口腔粘膜にHPVが感染していることが報告されています。HPVに感染しても、長い期間特別な症状がないことと、フェラチオ行為をする場合には、コンドー厶を使用しないことが大きな理由で、女性の口腔粘膜へのHPV感染が広まっていると報告されています。

ですから、HPVに感染している風俗女性との過去のフェラチオ行為を通して、夫の性器がHPVに感染している場合には、妻が夫にフェラチオをすれば、妻の口の中にヒューマン・パピローマ・ウィルスが住み着くようになります。その結果、妻が口腔癌になる確率が飛躍的に上昇します。そして、ヘルペスのウィルスと同様に、ヒューマン・パピローマ・ウィルスに一度感染してしまうと、そのウィルスを完全に撲滅し消去する方法は発見されていません。

オーラル・セックスを含めて性行為を一度も経験したことのない純粋な処女・童貞で結婚した夫婦であれば、フェラチオやクンニをしても、健康には全く害がないと報告されています。しかし、結婚前の夫の経験がフェラチオだけであっても、夫がHPVや性感染症に感染している可能性があります。夫は、妻からフェラチオをしてもらうことを望むのであれば、今まで、妻以外の女性とフェラチオも性行為も一度も体験したことがないことを妻に伝えて、自分の性器が感染している可能性がないことを伝えて、安心してもらうのが良いと思います。

夫は、フェラチオの経験だけであっても、もし風俗女性との経験がある場合には、HPVに感染している可能性が高いとされています。ですから、そのような風俗女性との経験がある場合には、妻にフェラチオをしてくれるように願うべきではないと思います。そして、妻には、20代から毎年定期的な子宮頸部癌の検査をするように勧めることが大切です。




coded by nessus