<質問>キスにする質問です。人間は、どうしてみな、キスをしようとするのでしょうか?

<答え>愛する対象にキスをしたくなるのは、愛する対象と一つになりたいという願望の表現です。自分の愛する妻、あるいは、愛する夫とキスをしたい思いが湧いてくるのは、自然な異性間の本能の現れであると言うこともできると思います。真のお父様は、「皆さんが好きな、愛する人と出えば抱擁したいし、口づけもしたいのは、自然な異性間の本能なのです。」と語られています。

次に、キスに関して、『二世たちの行く道』に掲載されている真のお父様の御言を紹介します。

 愛するということは、どういうことでしょうか。背中と背中を合わせることが愛することでしょうか。愛も、蘇生の愛、長成の愛、完成の愛があるのです。女性と男性は、一番初めに何をしますか。キスをするでしょう。上から下りてくるのです。

 人々は、どうしてみな、キスをしようとするのでしょか。口は何かといえば、飲食物を供給する仕事をしているのです。生命の起源が通じるところなのです。それで、神様を象徴するのです。では、言葉は何なのでしょうか。言葉も神様を象徴するのです。口は、そのような二つの内容をもっているのです。ですから、愛を表示しようとする時、キスをするというのです。愛する時にはみな、子供たちに対してもキスをするのです。皆さんも、幼い弟たちが生まれた時は、かわいいからキスをするのですね。それは罪ですか、罪ではありませんか。そこに、神様が天から降りてこられるのです。(1981年5月17日)




coded by nessus