<質問>米などの日本と大きな時差のある外から帰国した時に、早く時差ぼけから回復して、夜、ぐっすり眠るためには、メラトニンをむのが良いと聞きました。メラトニンについて明して下さい。時差ぼけを解決するための、その他のアドバイスもお願いします。

<答え>メラトニン(Melatonin)は、脳の松果腺から分泌されるホルモンの一種で、睡眠を促進する機能があります。メラトニン錠は安価で副作用のない緩やかな睡眠促進剤です。米国と日本のように、大きな時差があり、昼と夜が反対になっている国から、長い時間、飛行機で旅行して到着した時には、メラトニンを飲めば、比較的にぐっすりと眠ることができます。

私も韓国とアメリカの間を旅行した時には、時差ぼけを解消して、熟睡するために愛用しています。強い効果ではないですが、促進効果があることは実感しています。副作用は全くないです。明るい所で眠ると、メラトニンの分泌が不足し、メラトニンが不足すると癌になりやすいという研究結果も、最近発表されています。

時差ぼけを解決して安眠するための、その他のアドバイスを、次に紹介します。昼間に太陽の光を必ず浴びることと、昼間に筋肉が痛くなるくらい約1時間程度、熱心に運動をすれば、夜には比較的にぐっすりと安眠できるようになります。さらに夜寝る前に、夫婦で仲良く美しく激しく愛し合って、男性は射精をし、女性も性的絶頂感に到達すれば、精神的には安らかにリラックスし、肉体的には疲れ果てて、ぐっすりと眠ることができるようになるとされています。

安眠を促進するための食物としては、野菜の「セロリ」が、勧められています。セロリをたくさん食べれば、自然のメラトニンの含有量が非常に高いので、不眠症を克服して安眠することを促進すると報告されています。




coded by nessus