「後天時代」の生活習慣として、晩裸でる」ことに関しては、本書の第3章の中で、「後天時代」に晩裸でる」生活習慣に関連する四つの質問に答えて、「これからは、夫婦は晩裸でなさい」という真のお父様の訓示の御言を多めに引用して、その摂理的意義を詳細に説明しています。ですから、この部分では、生活習慣として夫婦は「一つの団・ベッドに入って一る」ことに関連する、真のお父様と大母様の御言に限定して紹介することにします。

最初に、大母様のみ言葉を紹介します。

 日本の男性食口たちは、夫人たちをもう少し近く愛してあげなければなりません。そうできないでいます。一人でるマットを全部、捨ててしまえばいいのに、と思います。(者註:韓では夫婦は必ず二人分の布で一るため)(1997年4月9日)

 (夫婦は)一つの布に一ながら、韓のようにお互いに愛を感じながら生活しなければならないのに、日本は別ています。そのことから間違っています。(1998年8月22日)

 ある家庭では、夫はの間で、妻は小部屋で別に生活しています。そのようなことは、本に間違った行なのです。

 皆さんは、時夫とけんかをするでしょう?しかし、けんかをしたからといって、枕を別に持って行って、各自別の部屋でては絶にいけないのです。(2004年7月13日)

真のお父様も、清平修錬苑における2006年11月の「真の子女の日」の敬礼式後の御言の中で、夫婦は「裸になって、二つの別のベッドではなく、一つのベッドでるようにしなさい」と、次のように話されています。

 ぐ物いで、裸になって、抱き合って、二つの別のベッドではなく、一つのベッドで離れないで生活しなさいと言うのです。日夫婦が喧嘩することができますか?朝喧嘩して、夜一ることができますか?人はそれはできません。、夜は夜、一日過ぎてこそ、暗闇を持ってこそ取り消されて無くなって行くのです。(2006年11月21日)

夫のいびきの音がうるさくても、防音用の耳栓をしてでも、後天時代の生活習慣として、夫婦は毎晩一つのベッドで一緒に寝ることをお勧めします。宇宙飛行士のために米国スリーエム社が発明製作した効果的な防音用耳栓が、安価で清平修錬苑の売店でも販売されています。




coded by nessus