テレビを見る時も、寝る時も、仲良く手をつないで生活しなさいという、2番目と3番目の生活習慣に関する大母様のみ言葉を同時に紹介することにします。

 テレビを見ながらも手に手を取って、外でくときも手を握り、のご父母は手を離されません。知っているでしょう。

 のご父母は、「私たちの生活を見て、そのままついてなさい」と言われるのです。私は、時ご父母子を見ているのですが、テレビを見る時には、どうされていらっしゃるだろうか。手を握りながら見られます。音を鑑賞される時も、二人で手を握り、調子を合わせて聞かれます。そのようにされるご父母なのです。そのご父母に似ることのできる私たちの家庭にならなければなりません。(2002年3月27日)

 夜る時にも、皆さんはただてしまってはなりません。夫の手でも握ってなければいけません。

 夕食を食べてテレビを見る時も夫婦が別に座って見てはいけません。夫の手をつかんで自分の膝の上に置くとか、自分の手を夫の膝の上に置くとか、または夫の膝を枕にしてテレビを見るようにしなければなりません。そのようにさえすれば、いくらでも夫の愛を受けることができるのに、妻たちはそのようにしません。愛は自分自身が作り上げていくものなのです。(2004年7月13日)

夫婦の中にはテレビを見る時も、子供たちが遊んでいるのを見守る時も、喧嘩した夫婦のように別に座っている夫婦もいますが、それではいけないのです。夫婦は、見方によっては過去には他人同士だったともいえるでしょう? ですから、くっついていないでお互いが心を持たなければ、だんだん離れていってしまうのです。ですから、る時も手をつかんでて、テレビを見る時も手をつかんで見なければいけません。(2004年8月24日)

夜、布の中で、背中を持よくいてあげたり、足をもんであげたり、耳をり、頭をってあげたりしながら、お互いに「お休み」という表現の中で、ぎゅっと手を握り合ってるのが幸せな夫婦です。(2008年7月18日)

以前に40日修練会で私の特別講義を聞いた日本人のある婦人が、私と再会した時に「夜、ベッドの中で手をつなごうとしても、夫が手をつなぐのを嫌がって協力してくれないので、御言を実践できません。夫を教育して下さい」と、さびしそうに告白してくれたことがありました。

日本人の男性は、日常生活における愛情表現が上手でない人が多いようです。口では、「絶信仰を毎日唱えていますが、夫婦の日常の生活習慣において、自分自身が実践すべき真のお父様や大母様の御言になると、幼子のように素直に実践できない男性が多いようです。特に年齢が40代、50代になってから、今までの生活習慣を捨てて、新しい習慣を実践することを、おっくうがる男性や照れくさく感じる日本人の男性が少なくないようです。

最高に幸福な夫婦になるためには、どのように日常生活で真の愛を実践すべきかに関して、「最高の教え」と、自らその教えを実践されて「最高のお手本(理想的モデル)」を示して下さっている人類歴史上で最高の先生に、私たち祝福家庭は、本当に奇跡的に巡り会うことができたのです。そのような最高の幸運に巡り会えた私たち祝福家庭ですが、夫婦の日常生活に関する人類歴史上で最高の先生の教えを実践しなければ、天運と幸福は逃げて行ってしまいます。

ですから、今までのこの世、即ち、堕落世界・先天時代の既成概念や生活習慣を捨てて、素直に御言の通りに実践してみることを、心からお勧めします。自分の固定観念で、真の父母様と大母様が教えてくださっている「最高に幸福な夫婦になるための生活習慣」を素直に実践できない人は、最高に幸福な夫婦になることを放棄した信仰のない愚かな人です。

私たちが最高に幸福な夫婦になり、本当に幸福な夫婦として生活する姿を見せてあげることができなければ、絶対に伝道も勝利することはできません。隣近所を伝道して「統班撃破」を勝利することも、氏族親族を伝道して氏族的メシアの使命を完成することも、私たちが最高に幸福な夫婦になり、その幸福に生活する姿を実際に見せてあげられなければ、絶対に勝利することができません。

モルモン教会は現在大きく発展しましたが、その伝道の勝利の秘訣は、「幸福な家庭生活」です。モルモン教の神学が素晴らしいという理由で入教した人は非常に少ないのです。モルモン教信徒夫婦が本当に仲良く幸福に家庭生活をしている姿を見て、そこに魅力を感じて入教した人たちが大部分です。私たちの教会も、祝福を受けた全ての夫婦が、霊界の絶対善霊人たちの協助を受けながら、「最高に幸福な夫婦になるための生活習慣」を実践して、最高に幸福な夫婦になることができる後天時代を迎えましたので、伝道も爆発的に勝利することができる時代を迎えています。

私は、無口で愛情表現の下手な典型的な日本人男子でしたが、自分の専門分野の中心的内容が真の父母様と大母様の御言研究であることのお蔭で、夫婦で歩く時も手をつないで歩き、テレビを見る時も手をつないで見て、寝る時も手をつないで寝るように、御言通りに生活習慣を実践するようになりました。そのようにすれば、とても平和で幸せな気分にひたることができます。私の妻は、「寝る時にベッドの中で夫婦仲良く手をつないで、ピロートークする時間が、最高に幸せな時間です」といつも語っています。




coded by nessus